スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amy Winehouse - A Song For You

ジブリの森に行って来ました。楽しかった!
ちょっと時間がないので、後日久しぶりに写真をアップするつもりです。

スポンサーサイト

フィルス

images


久しぶりに真っ当な映画感想を。
制作中からずっと楽しみにしていた映画です。
出世の為に、人の良い同僚、友達を裏切り陥れめちゃくちゃにする悪徳刑事ブルース・ロバートソン。すごい嫌な奴なはずなのに、マカヴォイが演じたせいか、すごく悲しくて誰よりも苦しんでいる人間に見えました。もちろん行動はすごい問題なのですが。
この数年、こんなに映画を見て心が痛んだ事はなかったです。小さい劇場で見て、同じ並びの席の人がガハガハと大声で笑うので気が散るな~、やめてよと思ってたけど、その人も段々笑わなくなり、カップルで来てたその二人は最後は無言でした。

原作を読んでいないので詳しい事は解らないのですが、過去の痛ましい事件からブルースは自分が一番自分を嫌っていて、家族を愛し愛される事で、やっと自分を少し信用できていたんじゃないか、それさえ失ってしまって転がるように堕ちて行ってしまったんではないかと感じました。ああ、また自分は愛されなかった、また負けたと。異常に他人に勝とうするのは、どこかでその根深い敗北感を払しょくしようとするからではないでしょうか。周囲の人間がまたちょっと間抜けな善人が多いので、益々自分だけが汚く見えてしまう。いっそ周りにもっと汚い人間がいたら、もう少し自分を嫌悪せずにすんだかもしれない。

フィルスフィルス
(1999/06)
アーヴィン ウェルシュ

商品詳細を見る
原作はペンペン草の一本も生えないような終わり方らしいですが、読もうと思います。

複雑怪奇な人間のブルースをジェームス・マカヴォイが演じる事で、脆さ危うさが魅力になって自分にも存在する部分を持つ人間に見えました。映画のキャッチ・コピーのように「誰かこの男を救ってあげて!」と映画を見ている間中思ってしまいました。ブルースの崩壊の根本にあるであろう過去のエピソ-ドは最小限に留められているようですが、マカヴォイの目を見れば言葉よりもその悲しみが伝わってくる。この俳優さんを好きで良かったです。


音楽も良かったです。

Fritz Wunderlich " Ombra mai fu.” と Dom Hemingway trailer

今日、太極拳教室の先生が参加されている男性合唱団のコンサートに行って来ました。とても楽しかった。趣味としてでも芸術に関わっていくのは素敵。演奏された多彩な曲目の中でも私の好きなこの曲が印象深かったです。




若い頃の絵に描いたように美しいジュードより最近の生臭い感じのする彼の方が好き。久しぶりのE.グラントも怪しげで素敵。この二人の頭、こういうのV字ハゲとか言うのかな、言わないか・・・。たぶん日本でも公開されるでしょう。

Delta Rae - Bottom of the River

最近、過去記事に沢山の拍手を頂いてありがとうございます。
自分でもどんな記事だったかなーと忘れている始末です。昔は元気だったなー。
今の仕事になってから体力と気力が中々ブログまで回りません。
でも、たまに好きな曲や映画の動画を見つけたら載せたくなります。こんな状態から早く脱したいです。

ITS TIME



何だかこの曲を聴くと元気がでます。
sidetitleプロフィールsidetitle

ponpondaria74

Author:ponpondaria74
猫と時代劇と散歩がお好き。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。